いつかいつかと言われていた Twitter バタン、Mashable に今週リリースと記事がでていました。記事のプレゼンテーションのなかに、コードが書いてあったのでちょっと試してみると、なんと動くではありませんか。 ということで簡単に使い方をご紹介したいと思います。..."> いつかいつかと言われていた Twitter バタン、Mashable に今週リリースと記事がでていました。記事のプレゼンテーションのなかに、コードが書いてあったのでちょっと試してみると、なんと動くではありませんか。 ということで簡単に使い方をご紹介したいと思います。..." />

dh memoranda

徒然なるままに日暮らしブログに向かいて...

オフィシャル Twitter ボタン

いつかいつかと言われていた Twitter バタン、Mashable に今週リリースと記事がでていました。記事のプレゼンテーションのなかに、コードが書いてあったのでちょっと試してみると、なんと動くではありませんか。

ということで簡単に使い方をご紹介したいと思います。

コードは3種類。iframe, javascript, もしくはフルカスタムですが、iframe 版が簡単そうです。プレゼンテーションに書かれていたサンプルコードはこちら。


<iframe allowtransparency="true" frameborder="0" role="presentation" scrolling="no" src="http://platform.twitter.com/widgets/tweet_button.html?url=http://dev.twitter.com" style="width:130px;height:50px;"></iframe>


セットできるパラメータは次の5種類だそうです。


  • via: 記事にもっとも関係するアカウント、著者のアカウントなど

  • related: 関連アカウントやおすすめフォローアカウントなど

  • text: Tweet に挿入される文言。タイトルとか。

  • url: ボタン用のURL。ページに一つのボタンなら指定しなくてもOK。

  • count: Tweet数の表示。horizontal(横)、vertical(縦)、none(ナシ)。指定しないと横のようです。

MTタグをつかって指定すればいいのでこんな感じのをテンプレートに埋めこんでしまうといいです。


<iframe allowtransparency="true" frameborder="0" role="presentation" scrolling="no" src="http://platform.twitter.com/widgets/tweet_button.html?via=@hirata&text=<$MTEntryTitle encode_html="1"$>+[<$MTBlogName$>]&url=<$MTEntryLink encode_html="1"$>" style="width:130px;height:50px;"></iframe>

実際、このブログのトップとEntry Archive に埋めこんでみました。たぶん、まだ未発表だと思うので、発表までに変わっていたらそのときはごめんなさい。はい。